*

高齢妊娠・高齢出産 

公開日: : 最終更新日:2015/02/05 注意点

35歳以上からでも子どもを授かり、立派に育てるママが増えています。
いわゆる「高齢出産・高齢妊娠」ということになりますが、働く女性が増えた現在では昔ほど珍しくもなく、難しいものでもありません。
しかし、年齢を重ねれば重ねるほど妊娠の難易度は徐々に高まっていくのも事実です。数多くあるリスクを軽減するためには、努力も必要ですよ。

食生活と体重管理がカギ!

高齢出産のリスクとは、まず、染色体に異常を持った赤ん坊が生まれる確率が高いということです。とりわけ、ダウン症を持って生まれてくる子どもが多いと言われています。分娩時も難産になりことが多々あります。予防のためには、食生活と体重管理が大事です。妊娠したら産婦人科でダウン症の検査を受けることができ、ちなみにその検査費用は約3万円ほどが相場となっています。

◎どんな食生活がいいの?
簡単に言ってしまえば「バランスのとれた食事をする」ことです。塩分は控えめで、カロリーの摂りすぎにも注意しながら、1日3食…と言葉で語るのは易しいですが、実践するのはなかなか困難です。しかし、安全に赤ん坊を育てるためには、やはり欠かせないポイントです。また、近年では妊娠した女性には厚生労働省でも葉酸の摂取を勧めています。葉酸サプリなどでビタミンB群などの必要な栄養素を補給することもおすすめします。

◎こまめな体重管理
バランスの良い食事は、適切な体重を導きます。つまり、上の約束を守っていれば自然にこちらも実践できるのですが、体重管理もまた重要な「ママの約束」。特に高齢出産の場合は、自重でママにかかる負担も増えます。毎日、計測して、太りすぎに注意しましょう。特に20代の頃よりも代謝は落ちて太りやすい体質になっているので注意が必要です。

関連記事

gf1420096898l

妊娠する前の注意点

子どもを授かりたいママは、まず、自分の体調を整えることが大事です。生活が不規則になっていたり、精神的

記事を読む

syokumotsu
妊娠中の食欲について

妊娠中はどうしても赤ちゃんに栄養を届けるために食欲が出てきます。もちろ

ninkatsu02
妊娠の安定期はいつ?

妊娠5ヶ月に入ると妊娠中期に突入します。この頃になると安定期に入ったと

af9920042222x
妊娠しやすいカラダをつくるなら葉酸サプリ

妊娠するためには、当たり前ですが妊娠しやすいカラダをつくる必要がありま

af0060001315w
基礎体温表と月経周期

相性の良い男女であればタイミングなど気にしなくても妊娠するカップルもい

af0100014695l
高齢妊娠・高齢出産 

35歳以上からでも子どもを授かり、立派に育てるママが増えています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑